未来に向けて自然環境を見据えた様々な挑戦。
  1. HOME
  2. 新着情報

ごみ収集車の火災事故について

  •  平成30年6月11日(月)午前9時30分ごろ、ごみ収集作業中にスプレー缶が原因と思われる車両火災事故が発生しました。火災は、ごみ収集車、ごみ処理施設、付近の住民の方や家などに被害を及ぼす恐れがあるほか、人の生命に関わる重大な災害に発展する可能性があります。
  •  スプレー缶やカセットボンベは、穴をあけガスを抜いてから「不燃ごみ」ではなく「資源(スプレー缶類)」として出してください。スプレー缶類の詳しいごみの出し方についてはこちら(PDF)をご確認ください。

他の収集ごみにも引火し大変危険な状態でした



穴の開いていないスプレー缶、カセットボンベが複数本発見されました



穴は開いていますが、本来、資源ごみ(スプレー缶類)として出していただくものも多数含まれていました



  • ○お問い合わせ先
  • 本件に関するお問い合わせは下記の連絡先までお問い合わせください。
  • 湖北広域行政事務センター 業務課
  • TEL  0749-62-7143
  • FAX  0749-65-0245
  • Email gyoumu@kohoku-kouiki.jp

TOPへ戻る